短期決済のみの取引方法というのがFXと違う

バイナリーオプションとFXの違いとして、「強制的に勝ち負けが決まるかどうか」ということがよく言われる点です。FXの場合、粘った結果勝ちを手に入れられる場合があります。もちろん、粘ったがゆえにさらに大きな損失を招くリスクもあります。

 

一方バイナリーオプションは、一定の時間に達すると強制的に終了となるため、勝ち負けがあっさりと決まります。しかし、粘ったことで損失が大きくなるといったリスクはありません。

 

そのためか、バイナリーオプションはFXと比較して戦略が立てにくく、人によっては状況によって手法を変える楽しみがないと感じるようです。逆に、そういった複雑な手法が不要なので怖さがないという投資家もいます。それぞれの性格によって、合う投資方法も違う、ということでしょう。

 

バイナリーオプションはFXと比較して、リスクは少ないがあまり夢がない、ある意味堅実な方法と考えられるかもしれませんね。

FXよりも小額取引ができてリターンもいい

誰だって初めては怖いものです。それが投資となれば臆病にもなりますよね。

 

でも、バイナリーオプションは驚くほどの少額取引を可能にした投資なので、過度に臆病になる必要はありません。

 

株を買うには数十万円必要とします。FXは少額取引が可能というイメージがあるかもしれませんが、実際には証拠金としてかなりの額を入金しなければなりません。バイナリーオプションではそういった必要もなく少額取引が可能なのです。

 

国内業者で最も少額取引を可能としている業者は恐らく50円から。主流は100円や500円程度でしょうか。ジュースやお弁当を買うのと同じくらいの少額取引ができるのはバイナリーオプションだけ。1日お昼ご飯を我慢して投資すれば豪華な夕食が待っているかもしれませんよ。
ほかの投資方法よりも投入金額が少なくても実践できるバイナリーオプション、試してみてはいかがでしょう。


このページの先頭へ戻る